2010年07月18日

ボイスドラマ「惑星ノスタルジー」

惑星ノスタルジー
惑星ノスタルジー


[説明]
WEB公開されているボイスドラマ+音楽作品。
架空の星々をイメージした楽曲のトラックと、星に到着して停車する前の車掌のアナウンストラック、星を旅して回る旅人テスと現地人ミラの交流を描いたボイスドラマのトラックで構成されています。

[入手先]
http://sound.jp/nostalgie/

[感想]
(楽曲の感想)
涼しげな、惑星「涼」、惑星「icy」のテーマがお気に入りです。音がとにかく綺麗です!
惑星「灯」もお気に入りです黒ハート ずっと夜の星なのに、曲が楽しげなのは、みんな灯りを持って楽しく夜を過ごしているんでしょうねひらめき
惑星「寝」のテーマも好きです。砂の星というと寂しげな感じがしますが、曲は寂しすぎるものでもないので、観光地としてある程度整った星なのでしょうか。ピアノのどこか切ないメロディーが、旅の終わりを予感させるような感じがして寂しくなりました・・・。

(ボイスドラマ感想)
テスの声が、はしゃいでるときはとことん楽しそうで、でも後編のミラとの会話は特に落ち着いた優しげな声で、胸を打たれました。花の開花をミラに説明するシーンはひとつひとつのセリフが優しく暖かな感じがして、聞いていて心が暖かくなるような気がしましたかわいい
テスの人はロマンチストめいたことやおおげさな感じのするセリフも本当に感動を持っているように話すので、聞いているこちらも感動してしまうようでした。ステーションベルが鳴った時は、テスの滞在が短いことが本当に残念なように感じてしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)
ミラの最後のセリフはすごく暖かくて、せつなくなりました。
posted by 雪華 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスドラマ感想
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156721603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。