2010年11月30日

Souwer Cherry [にまいめ。]

にまいめ。
にまいめ。


[CD説明]
ボーカル・Souwerサンの歌曲集。Souwerサンが所属する同人ゲームサークルでの主題歌等を集めた、オリジナルボーカルアルバムのようです。
速くてカッコイイ曲を高らかに歌うボーカルさんらしいので、どの曲もとても好みです手(グー) Souwerサンの歌は、サビや高い声のところは特に、一生懸命に力の限り歌っているような印象がして、とてもカッコイイです!

[入手先]
http://itunes.apple.com/jp/album/id355830436

[感想]
「Giustizia」
(作曲:岬サン)
荘厳なストーリーを感じさせる難しそうな内容の歌詞。どんな事があってどんなキャラが背景にいる歌なのか気になって気になってたまりません。
「両手高く掲げた真紅の」のところは声も高くなっていって、声が「高く掲げた」に対応しているみたいなかんじでとってもカッコイイですexclamation

「笑顔のサヨナラ」
(作曲:masakiサン)
もうサヨナラしちゃってるんですよね・・・ シングル「ナミダ/笑顔のサヨナラ」のジャケの寂しそうな笑顔を思うとますます切なくなります。
歌いだしのハモリが綺麗で特に好きです。

「-花唄-」
(作曲:Souwerサン・KateRiaサン 編曲:KateRiaサン)
Souwerサンの歌声がとても力強くてカッコよくて聴くたびにうっとりしてしまうので、実は歌詞はかなり悲愴な状態を歌ってるということになかなか気づかずにいました。
空ろな視線になってしまった「君」のそばに、苦しくても居続ける歌なんですよね・・・。
悲愴な状態なのに悲しい感じだけのする曲ではないというところがカッコよくて好きです。
1番サビの最後「君に」でテンション高くとても張りつめているのに突然何事もなかったように2番に突入するところも好きです。

「one-way」
(作曲:nazz-canサン)
Souwerサンが難しそうなメロディーを歌うサビ前、高らかなサビ、すごくかっこよくって、試聴ファイルでこの曲が一番気になってCD買うのを決めました。
歌いだし直前のキュキュキュっていう車?の音と、「現実には」の後の転がるようなピアノのメロディーが印象に残ってて好きです黒ハート キュキュキュっていう音のほうは、よく聴いていると曲中結構入れられているんですね。現実と非現実の間を漂ってるみたいな不思議な感じがします・・・。
サビの高らかな歌声が大好きですキスマーク 光が突き進んでいくみたいでかっこいいです!

「だいすきなまほう」
(作曲:nazz-canサン)
キラキラしたオケが綺麗ですぴかぴか(新しい) Souwerサンのカラッとした明るい歌声もかわいくて好きです。キラキラなオケと歌声があいまって、おひさまの光みたいな感じがして、聴いてて心がぽかぽかしてきますかわいい
posted by 雪華 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想

2010年07月10日

LittleWing [REVERIE -サウンドスケッチ キノの旅-]

REVERIE -サウンドスケッチ キノの旅-
REVERIE


[CD説明]
キノの旅をイメージした二次創作。楽曲はLittleWingさん制作のオリジナル曲です。
もう頒布は終了していますが、こちらのミラーでクロスフェードのサンプル曲とデモムービーがDLできます。

[感想]
このCDを聞くまでキノの旅には興味がなく、実際に読んだことはなかったのですが、このCDがきっかけで読み始めました。CDで聞いた印象が素敵だったのでどんな本なんだろう?とワクワクしながら読んだのを覚えています。

特にこのCDでは、同人音楽CDのプロモーションムービーというのを初めて見たので、ムービーで描かれているシーンは原作ではどれなんだろう、とワクワクして読みました。
このムービー、本当に大好きです。もともと森井しづきさんのイラストが大好きで、何度も何度も見ました。冒頭の火のパチパチというところから、絵も曲もまだなにもない段階なのに、ぐっと引き込まれます手(グー) 青空も綺麗だし、ひねたようなシズもかっこよくて好きです黒ハート 私の中のキノやシズのビジュアルイメージは今でもこれで脳内固定されてしまって動くことがありません・・・シズのイメージはイケメンなイメージよりもこういう感じのほうが好みです(苦労してそうだから)

ムービー何度も見ていても、それでも、ムービー0:56付近の泣いている女性が出て来るシーンは、原作ではどこに該当するのか、今でも判らずにいます。気になるexclamation×2 5巻、6巻くらいまでのどこかだと思うのですが、そのシーンは原作のどこを表しているのか予想付く方がいましたら、教えていただけると嬉しいです。


#2「the Beautiful World」
シンセコーラスが優しくて綺麗で好きでするんるん 吸い込まれるような美しさで、CD世界にぐっと引き込まれました。

#3「Lights in Blue」
軽快でキラキラしていて、旅の予感に満ちていて、すごくワクワクしましたぴかぴか(新しい)「同じ空の色」よりも早くて、崩したような間奏の後の2:45〜のメロディーが切なくてとても好きです。

#5「REVERIE」
ボーカル曲。アップテンポなのに少し悲しい雰囲気。旅路をイメージするような暖かさのある「同じ空の色」とは違いますけど、これも間違いなくキノって感じがします! ハンドクラップの音もあいまって、赤い花の咲く花畑でくるくる回るキノ、みたいなイメージが浮かびます。間奏の前の「そっと」の揺れる声がセクシーでドキッとします。コーラスの「La La La La Story」がすごく切ない感じがして好きです。

#9「同じ空の色」
プロモーションムービーで使われているボーカル曲。この曲のフルバージョンがぜひ聞きたい!と思ってCD購入しましたCD
キノの旅を表すような直接的な単語はないのに、確かにキノの旅の曲を表している曲だと思えます。歌詞がとても綺麗ですね・・・。ハモリが入ってドラムが控えめになる「青い記憶」のところがすごくかっこいいです! 少しハスキーな感じのする園田まひるサンの声が、歌詞にある「くすんだ瞳」を表しているみたいな感じがして、柔らかな綺麗な、だけじゃない印象が残ります。少しくすんでてこそキノって感じですよね!
posted by 雪華 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想

2010年06月18日

「てんしのかけら」

[曲説明]
PCゲーム「てんしのかけら」の主題歌。
2003年頃、てんしのかけらHPでDLできたと思います。
天門サン作曲、Lowサンがボーカルを担当。

[感想]
聴くたびに、風の強い満月の夜のイメージして聴いてます満月

時折聞こえるトライアングルのようなチリリリ…という音が胸にせつなく迫ってきます。
コーラスいっぱいで華やかでカッコイイです。「雲晴らす」の「晴」の息づかいとかとてもカッコイイです。「帰れない場所 帰りたい」で息もつかせぬような盛り上がりの後、思い切り声を伸ばす「場所で待つよ」が気持ち良いです。
「背中に揺れる羽」の終わりから入る「え」のコーラスがせつなくて、泣きたいような気持ちになりますふらふら
「背中に揺れる羽」の後に言う言葉は英語じゃないみたいなんですが、検索してみると、ゲール語で「さよなら」という意味だと知り、ますます切ない気持ちになりました・・・別れの曲なんですね・・・
1番の最後の「Mar sin leat」から間奏へ繋がる間のバイオリンのメロディーや、2番の「羽をなくした」から「空に似た目をして」のところの高い音のバイオリンの音、「聞こえる声はきっとまだある」のところのメロディーが特にせつなくて好きです。

とても華やかで、高い声も低い声も、あますところなくLowサンの声の魅力を使い切るような天門サンの楽曲。素敵すぎる組み合わせです黒ハート またこういう曲が聴きたいなと思います。
posted by 雪華 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想

2010年05月13日

U-Key☆ミ [VOCALIZM6 -SouthSea&SummerSong-]

[CD説明]
サークルU-Key☆ミサン発行、同人ボーカルモノのコンピレーションCDのようです。

[感想]

#10「恋して、夏」
作詞:KAON サン
作曲:まーつもとサン
歌:香月ゆな サン
サビが大好きなんです・・・exclamation サビのメロディーとか和音とか(難しいことは判らないですけど)すごくカッコイイと思いますしワクワクします。ドラムを切った3回目のサビは特にかっこいいです黒ハート
この曲は歌詞も素敵なんです。「今年の夏は」からの一続きの文章がちゃんと歌にハマッていて気持ち良いです。夏が来るといつも聞いてますリゾート

#13「proved you」
作曲:muGenサン
作詞・歌:magサン
カッコイイ男性の声のような、女性の声! 低めの声ですがまったく無理な感じがなく、ちょっとけだるい感じもあって、つぶやいているような、でもしっかり歌っているような、すごくカッコイイ声です・・・exclamation 「遠ざかる」〜の、声が重なっていくところがすごくかっこいいです。 全体的にハモリが入っているのですが、02:01「声にならなくてもいい」からのハモリなしの歌もとてもかっこいいです。ハモらない「いい」がまっすぐ伸びてとても綺麗ぴかぴか(新しい)
曲もカッコイイです。上で挙げた「恋して、夏」とはもちろん方向性が違いますが、こちらも夏のイメージが全開です。熱い陽射しや影のイメージがします。
この方の歌をもっと聞いてみたかったんですが、ボーカルさんの詳細が見つかりませんでした。残念すぎるもうやだ〜(悲しい顔)
タグ:同人CD感想
posted by 雪華 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想

2010年02月06日

PROMENADE [cascade]

cascade
cascade


[CD説明]
みずさわゆうきサン企画・歌唱のファンタジーなボーカルアルバム。

[入手先]
http://www.amazon.co.jp/cascade/dp/B000JXYJBO
http://doll.shop-pro.jp/?pid=1703118
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1203322

[感想]

#2「僕らの旅路」
歌いだしからしばらくコーラスもハモリもなく、みずさわサンのボーカル一本で魅せる感じが続いたと思ったら、「行こう」で突然コーラスが増えて、仲間の存在を感じますくつ 男性コーラスも聞こえてカッコイイですね。(作曲の井上俊彦サン)
2番はみとせのりこサンが少し遅れて入ってきてツインボーカルみたいになるのがカッコイイです。みとせサンの「あの光る丘 Uh 近くなく」は、「Uh」が綺麗に響いてみずさわサンの声と重なって、そして下の旋律にでハモリとなってみずさわサンの声と重なって、ここがたまらなく好きです。かっこいいです。その次のところの「日が隠れたら」はみずさわサンの声に比べて少しかわいい歌い方の声で、お二人の声の魅力を同時に感じることができ幸せな瞬間です音楽 みとせサンの声が下の音程から「Uh なあなあで」と重なるところも綺麗で、とても大好きです。

#4「おうさまのほし」
造語とのことですが、フランス語みたいな印象のような気がします(って言いながら私フランス語なんて判りませんが) みずさわサンの歌う「アン」がすごくカラッとした響きで気持ちよくて素敵です黒ハート

#5「空蝉」
歌いだしの、静かなオケでみずさわサンの声が綺麗に響いているメロディーが大好きです! 声が上下に行ったり来たりしても静かなイメージで、最後に「間引かれても」と静かにつぶやくように歌うのが綺麗でかっこいいです。2番の歌いだしにはみとせサン(多分)のコーラスが遠くから響いてきて、これもかっこよくて好きです。
この曲を思い出すとき、なぜかAメロからBメロに移るときに間違えて「藍銅鉱」のBメロを思い出してしまうことがありちょっと混乱したことがありました。がっつり聞き込んでからは間違えなくなりましたが。

#7「shadow of darkness」
ダークなイメージですがたくさんのコーラスで魅せるボーカル曲!
01:45の悲鳴のようなコーラスモバQや、02:14のか細い声のたくさんのコーラスがかっこよくて好きです!
もちろんコーラスだけじゃなくボーカルの旋律もかっこいいです。サビに移る直前の、「空気の檻」の「檻」、「虚空の波」の「波」、「い」の音で高い音を伸ばしてるみずさわサンの声がとても綺麗で素敵です! 2番のサビの「その足元で緑がしおれる時 二度と」←ここの「二度と」の切り方が気持ちよくて好きです。

サイトで公開されている録音裏話(cascadeのページの「TEXT」のところです)を読みながら3:48からのブルガリアンボイスのコーラスを聴いてるとみずさわサンの苦労がうかがえます・・・ 確かに常にミに戻ってきてるw ミの周辺をアドリブで「え〜〜〜〜〜」みたいな声で歌っているのがみずさわサンだと思いますが、上の高い「え〜〜〜〜〜」のコーラスはみとせサンの声でしょうか?いやみずさわサンかな・・・たらーっ(汗)
みとせのりこサンはこのCDにたくさん参加しているようで、いろんな曲でみとせサンの声が聞こえてきますが、コーラスの細部までの聞き分けはちょっと難しいので違うかもしれませんあせあせ(飛び散る汗) コーラスで交じり合ってるみずさわサンとみとせサンの声はとても素敵です。

#8「夢語り」
みずさわゆうきサンと霜月はるかサンのツインボーカル。
CDがリリースされる前は、お二方の声のイメージから、霜月はるかサンが上、みずさわゆうきサンが下なのかなと予想していたのですが、この曲はみずさわゆうきサンが上の旋律、霜月はるかサンが下の旋律を歌っています。上の旋律をかすむような声で歌うみずさわサンと、芯の通った声で下の旋律を歌う霜月はるかサン。普段のお二方の曲で聴くイメージと違って新鮮ですぴかぴか(新しい)
コーラスがたくさん入っていて華やかです。私は2:11〜2:31のコーラスが特にオケにも溶け合ってる感じがして一番好きです。

#9「石畳を蹴って」
高い声で霞のようなコーラスをたくさん・・・というのではなく、あまり高くない音で、芯の入ったトーンで歌う、というような曲はこのCDでは多くないので、こういう声のみずさわサンの曲が収録されていてとても嬉しかったです手(グー)
サビに移る直前の「鉄を打つ高い音」←ここの、かっこいいトーンを保ったまま高めの音をまっすぐに伸ばすみずさわサンの声がとてもとてもカッコイイんです!!
高い音も綺麗です。2番序盤 タンギングみたいな息遣いでリズミカルな歌い方の「ろば引く子供たち」の「た」はとても綺麗な響きがします。
作曲は天門サン。天門サンが書くみずさわサンの歌は、私がみずさわサンの声で一番好きな所にぴったりマッチした曲ばかりで、とても大好きですハートたち(複数ハート)

これもホームページで公開されてるTEXTのコメントがおもしろいです。編曲・演奏のDaniサンの余裕綽々なコメントは演奏家ならではという感じでカッコイイです。みとせサンのコメントがダメすぎて面白いw
posted by 雪華 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。