2010年07月18日

ボイスドラマ「惑星ノスタルジー」

惑星ノスタルジー
惑星ノスタルジー


[説明]
WEB公開されているボイスドラマ+音楽作品。
架空の星々をイメージした楽曲のトラックと、星に到着して停車する前の車掌のアナウンストラック、星を旅して回る旅人テスと現地人ミラの交流を描いたボイスドラマのトラックで構成されています。

[入手先]
http://sound.jp/nostalgie/

[感想]
(楽曲の感想)
涼しげな、惑星「涼」、惑星「icy」のテーマがお気に入りです。音がとにかく綺麗です!
惑星「灯」もお気に入りです黒ハート ずっと夜の星なのに、曲が楽しげなのは、みんな灯りを持って楽しく夜を過ごしているんでしょうねひらめき
惑星「寝」のテーマも好きです。砂の星というと寂しげな感じがしますが、曲は寂しすぎるものでもないので、観光地としてある程度整った星なのでしょうか。ピアノのどこか切ないメロディーが、旅の終わりを予感させるような感じがして寂しくなりました・・・。

(ボイスドラマ感想)
テスの声が、はしゃいでるときはとことん楽しそうで、でも後編のミラとの会話は特に落ち着いた優しげな声で、胸を打たれました。花の開花をミラに説明するシーンはひとつひとつのセリフが優しく暖かな感じがして、聞いていて心が暖かくなるような気がしましたかわいい
テスの人はロマンチストめいたことやおおげさな感じのするセリフも本当に感動を持っているように話すので、聞いているこちらも感動してしまうようでした。ステーションベルが鳴った時は、テスの滞在が短いことが本当に残念なように感じてしまいました・・・あせあせ(飛び散る汗)
ミラの最後のセリフはすごく暖かくて、せつなくなりました。
posted by 雪華 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスドラマ感想

2010年07月10日

LittleWing [REVERIE -サウンドスケッチ キノの旅-]

REVERIE -サウンドスケッチ キノの旅-
REVERIE


[CD説明]
キノの旅をイメージした二次創作。楽曲はLittleWingさん制作のオリジナル曲です。
もう頒布は終了していますが、こちらのミラーでクロスフェードのサンプル曲とデモムービーがDLできます。

[感想]
このCDを聞くまでキノの旅には興味がなく、実際に読んだことはなかったのですが、このCDがきっかけで読み始めました。CDで聞いた印象が素敵だったのでどんな本なんだろう?とワクワクしながら読んだのを覚えています。

特にこのCDでは、同人音楽CDのプロモーションムービーというのを初めて見たので、ムービーで描かれているシーンは原作ではどれなんだろう、とワクワクして読みました。
このムービー、本当に大好きです。もともと森井しづきさんのイラストが大好きで、何度も何度も見ました。冒頭の火のパチパチというところから、絵も曲もまだなにもない段階なのに、ぐっと引き込まれます手(グー) 青空も綺麗だし、ひねたようなシズもかっこよくて好きです黒ハート 私の中のキノやシズのビジュアルイメージは今でもこれで脳内固定されてしまって動くことがありません・・・シズのイメージはイケメンなイメージよりもこういう感じのほうが好みです(苦労してそうだから)

ムービー何度も見ていても、それでも、ムービー0:56付近の泣いている女性が出て来るシーンは、原作ではどこに該当するのか、今でも判らずにいます。気になるexclamation×2 5巻、6巻くらいまでのどこかだと思うのですが、そのシーンは原作のどこを表しているのか予想付く方がいましたら、教えていただけると嬉しいです。


#2「the Beautiful World」
シンセコーラスが優しくて綺麗で好きでするんるん 吸い込まれるような美しさで、CD世界にぐっと引き込まれました。

#3「Lights in Blue」
軽快でキラキラしていて、旅の予感に満ちていて、すごくワクワクしましたぴかぴか(新しい)「同じ空の色」よりも早くて、崩したような間奏の後の2:45〜のメロディーが切なくてとても好きです。

#5「REVERIE」
ボーカル曲。アップテンポなのに少し悲しい雰囲気。旅路をイメージするような暖かさのある「同じ空の色」とは違いますけど、これも間違いなくキノって感じがします! ハンドクラップの音もあいまって、赤い花の咲く花畑でくるくる回るキノ、みたいなイメージが浮かびます。間奏の前の「そっと」の揺れる声がセクシーでドキッとします。コーラスの「La La La La Story」がすごく切ない感じがして好きです。

#9「同じ空の色」
プロモーションムービーで使われているボーカル曲。この曲のフルバージョンがぜひ聞きたい!と思ってCD購入しましたCD
キノの旅を表すような直接的な単語はないのに、確かにキノの旅の曲を表している曲だと思えます。歌詞がとても綺麗ですね・・・。ハモリが入ってドラムが控えめになる「青い記憶」のところがすごくかっこいいです! 少しハスキーな感じのする園田まひるサンの声が、歌詞にある「くすんだ瞳」を表しているみたいな感じがして、柔らかな綺麗な、だけじゃない印象が残ります。少しくすんでてこそキノって感じですよね!
posted by 雪華 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想

2010年06月18日

「てんしのかけら」

[曲説明]
PCゲーム「てんしのかけら」の主題歌。
2003年頃、てんしのかけらHPでDLできたと思います。
天門サン作曲、Lowサンがボーカルを担当。

[感想]
聴くたびに、風の強い満月の夜のイメージして聴いてます満月

時折聞こえるトライアングルのようなチリリリ…という音が胸にせつなく迫ってきます。
コーラスいっぱいで華やかでカッコイイです。「雲晴らす」の「晴」の息づかいとかとてもカッコイイです。「帰れない場所 帰りたい」で息もつかせぬような盛り上がりの後、思い切り声を伸ばす「場所で待つよ」が気持ち良いです。
「背中に揺れる羽」の終わりから入る「え」のコーラスがせつなくて、泣きたいような気持ちになりますふらふら
「背中に揺れる羽」の後に言う言葉は英語じゃないみたいなんですが、検索してみると、ゲール語で「さよなら」という意味だと知り、ますます切ない気持ちになりました・・・別れの曲なんですね・・・
1番の最後の「Mar sin leat」から間奏へ繋がる間のバイオリンのメロディーや、2番の「羽をなくした」から「空に似た目をして」のところの高い音のバイオリンの音、「聞こえる声はきっとまだある」のところのメロディーが特にせつなくて好きです。

とても華やかで、高い声も低い声も、あますところなくLowサンの声の魅力を使い切るような天門サンの楽曲。素敵すぎる組み合わせです黒ハート またこういう曲が聴きたいなと思います。
posted by 雪華 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人CD感想

2010年06月14日

ボイスドラマ「大小の境界線」

大小の境界線
大小の境界線


[説明]
WEB公開されているボイスドラマ作品。
短編(約10分)

[入手先]
http://momomikan.com/momo/daisyou/top.html

[感想]
10分て実際にこういう時間感覚だなあと思いました・・・exclamation 道端で知り合いと会って喋って終わるというか。省略や場面の転換のない、実際の10分を追想するようです。本当に日常にありそうな10分間を切り取った、青空が綺麗なトップページのイラストよりももう少し暗くなったぐらいの時間帯の、夏の日の夕方と夜の境界線の空気を感じました。
結衣の「彼女作らないの?」は本当に突然で、かわいらしいハートたち(複数ハート)声に反して(?)妙にがっついた感じがしましたが、そのギャップが面白いと思いましたw
posted by 雪華 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスドラマ感想

2010年05月17日

「Strange World」

[曲説明]
茶太サンのmuzieのページでDLできる曲「Strange World」です。

[入手先]
http://www.muzie.co.jp/artist/a015532/

[感想]
歌いだしの裏拍の連続のフレーズから高い音に繋がる旋律がとてもかっこいいですぴかぴか(新しい)
歌いだしの「寂しい景色」、2番歌いだしの「寂しい世界」、そして最後の「君に包まれたい」のそれぞれ最後の「い」の音の響きがとっても綺麗です。「Lululu」のコーラスが上下で違う旋律を行ったり来たりしているのとボーカルの旋律と三重に重なって合わさるところも、すごくかっこいいです。「長く細い」は本当に長くて細い糸のような綺麗な音。「包んだ」の「ん」のトリルも好きです黒ハート 「君の面影」はやわらかくて優しい響きで、せつなくなってきます。
大人っぽい茶太サンの歌ですが、2番の間奏の後の「たーらんたったーらったー」のコーラスはちょっと子供っぽいような声で、でもせつなくて、たまらない気持ちになります。「とぅるるるっとぅとぅー」←はすごく長く伸びていて特に綺麗で大好きです!最後に「君に包まれたい」を繰り返しすところは、ひときわせつないような感じがします。
茶太サンの声の美しさがいっぱい堪能できる素敵な曲exclamation こういう大人な茶太サンの歌大好きです。
posted by 雪華 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | HP公開曲感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。